商品詳細

画像を拡大する
※写真はイメージです。
プリマ
Prima

♥コストパフォーマンス抜群のトロ地区代表♥

原産国スペイン/トロ
ワイナリーBodegas y Vinedos Maurodos
品種ティンタ・デ・トロ
店長コメントとにかくコストパフォーマンスが抜群!構成がしっかりしていて品があり、バランスが取れ、洗練されたタンニンを持ち、深いミネラル風味があります。ガルシアファミリーが造るお値打ちワインを、この機会に是非。ラベル難ありの為、限定価格にて販売中です。返品交換等は出来ませんのでご了承ください。
輸入状況によりヴィンテージの変更、在庫切れの可能性もございます。予めご了承ください。
通常価格
4,104 (税込)
3,564 (税込)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

リベラ デル デュエロを60km川沿いに下ったD.Oであるトロ地区。マウロ トロの葡萄園はデュエロ川の北岸にあり、トロ地区全体でいえば北東に位置します。ティンタ・デ・トロ100%で、葡萄の樹齢は15~40年、平均30年。19haの葡萄園のうち9haで葡萄を作っています。
勿論ワイン造りは全てボデガス マウロの責任によって行われています。

この価格でこの味わいは見逃せませんよ~

*

ワイナリー情報

◆マリアノ・ガルシア氏が率いる、ガルシアファミリー◆~Bodegas Maurodos~

mauro
mauro
同社はマリアノ・ガルシア氏が率いるガルシアファミリーが1997年に設立しました。
発端はマリアノ・ガルシア氏がベガシシリアに勤めていた頃から始まります。彼はリベラ・デル・ドゥエロ地区の畑の売買価格が高すぎると感じていて、ベガシシリアが畑を買い足したくても高くて手が出せませんでした。そこで何処か良い畑はないかと捜し見つけたのがこのトロ地区です。
マリアノ・ガルシア氏はベガシシリアの為に畑を選び、そして自社のワイナリーの為にも畑を購入し、ボデガス・マウロドスを設立しました。
トロは忘れられたブドウの銘産地で、標高が高く600~800m、大陸性気候、土壌は水はけの良い石が多い砂地で、フィロキセラがいない土壌でした。

このワイナリーは60ヘクタールのブドウ畑をトロ地区に所有しています。その殆どがティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)種とガルナッチャ種を植えていて、ブドウの樹の平均樹齢は35年です。所有する樹齢の古い畑の中にはアメリカの台樹を接木せずに植えたにも関わらず、フィロキセラの被害に合わず、まだ健在の古いブドウの樹が残っています。なぜならこの地域はフィロキセラが生存し難い石の多い砂地の土壌だからです。
この地域の土壌は石が多く、砂地で、場所によっては旱魃のときにも水が得られる粘土が下層土壌になっています。
ワイン醸造は畑のキャラクターを尊重して品種ごと、畑ごとに分けて行います。
同社のワインは構成がしっかりして品があり、バランスが取れ、洗練されたタンニンを持ち、深いミネラル風味があります。
醸造の責任者はマリアノ・ガルシア氏ですが、実質醸造を行っているのは父の意思を継いだ次男のエドゥアルド・ガルシア氏となっています。
*